カテゴリー

会誌新刊案内

考古学会ニュース

地域別

時代別

日付別

最近の記事

考古学会ニュース

発掘情報
  • 福島県
  • 古墳時代

小規模古墳から銅鏡

福島県会津坂下町教育委員会が発掘調査を進めていた古墳時代前期(3世紀後半~4世紀前半)築造の境ノ沢古墳群から銅製の珠文鏡が出土した。境ノ沢古墳群からは計19基の方墳が確認されており,その多くは西側に橋状部をもつ。銅鏡は直径約6.5㎝と小型で,黒色の付着物が認められ,箱などに納められていた可能性がある。18号墳の周溝が埋没後に掘られた直径60㎝の土坑内から出土しており,このような例は東北地方初となる。

ページトップへ戻る