カテゴリー

会誌新刊案内

考古学会ニュース

地域別

時代別

日付別

最近の記事

考古学会ニュース

発掘情報

奈良・平安時代の集落跡と丸鞆が出土

長野県須坂市教育委員会の調査により,米持木瓜原地籍(同市)から,奈良・平安時代(8~9世紀)の集落遺跡が確認された。縦横幅約5~6mの竪穴住居跡7軒が検出され,地表から約30~50㎝下の住居跡周辺からは律令国家の下級役人が腰に締める石帯に複数付ける「丸鞆」と呼ばれる石が出土した。縦約2.5㎝,横約3.4㎝,黒色粘板岩を素材としており,かまぼこ断面型をなし一部が破損している。裏側にくくり穴が2ヵ所あり,欠けた部分から推定すると,3ヵ所で革製帯(石帯)に固定したものとみられる。10世紀の『和名類聚抄』に記される高井郡稲向郷の中心地の一部とみられる。検出住居跡のうち,4軒からは丸い河原石を両側に組み,上部に平らな石を載せた構造のかまど跡が確認されている。その周辺には土師器や須恵器などの土器片や焼土がみられた。最南部のかまど跡たき口には,甕などの土師器の破片を敷き詰めた跡も確認された。

ページトップへ戻る