カテゴリー

会誌新刊案内

考古学会ニュース

地域別

時代別

日付別

最近の記事

考古学会ニュース

発掘情報
  • 福岡県
  • その他

複数の建物跡が検出,原山本堂跡か

福岡県太宰府市教育委員会の調査により,原遺跡(同市)から中世の大型の礎石建物跡や石組み遺構などが検出された。今回の調査で確認された主な遺構は,建物跡(東西約8m,南北約12m),礎石建物跡(東西約14.5m,南北約11m),石組遺構(東西約2.6m,南北約2.2m),東西方向にのびる石列,3段の階段遺構(南北約3m)。建物跡は13世紀代に建築され,東西3間×南北3間の四方に4本ずつの礎石を据えたとみられる柱穴跡があり,北側には雨落ち溝跡が確認されている。その後(13世紀代)に一部重なる場所に建築された礎石建物跡は,東西6本,南北4本の柱穴の5間×3間の構造で,4つの礎石が現存している。建物跡と同様に,北側に雨落ち溝跡が検出されている。石組遺構は14世紀代に造られたとみられ,1970(昭和45)年に行なわれた造成工事で発見された石塔(層塔)が建てられていたと考えられる。東西方向にのびる石列は5石が残存している。石列の西側には石材が抜き取られたと見られる掘り込みが続いており,これを含むと東西11.5m以上となる。建物跡2棟に先行する石垣とみられる。これまでの周辺での調査では,礎石建物や墓,経塚などの遺構や本堂跡のものと考えられる石垣や階段状の道(参道)などが確認されている。階段遺構は,この参道から伝本堂跡内への入口とみられる。原山は山岳寺院で,大型の建物跡2棟は,規模の大きさや江戸時代に原山の様子を描いた「原山古図」や周辺に残る記念碑,石碑の記述とも合致し,原山の本堂跡である可能性が高まった。

ページトップへ戻る