カテゴリー

会誌新刊案内

考古学会ニュース

地域別

時代別

日付別

最近の記事

考古学会ニュース

発掘情報
  • 鹿児島県
  • 縄文時代

縄文草創期の礫に女性像の線刻

鹿児島県立埋蔵文化財センターの調査で牧野遺跡(鹿児島県南九州市)の縄文時代草創期(約1万3500年前)の竪穴から,こぶし大の線刻礫が出土した。礫は長さ約5.5㎝,幅約4.8㎝,厚さ約4.1㎝,安山岩を素材としている。礫全体に同一方向の線刻がされており,女性の髪を表現しているとみられる。同一の竪穴(直径約2m,深さ約30㎝)には約1600個のこぶし大の石が詰められていた。同時期の線刻礫としては,上黒岩岩陰遺跡例に次いで古い。ほかに女性を表現した線刻礫は,旧石器時代の桐木・耳取遺跡(鹿児島県曽於市)や岩戸遺跡(大分県大野市)でも,出土が確認されている。

ページトップへ戻る