カテゴリー

会誌新刊案内

考古学会ニュース

地域別

時代別

日付別

最近の記事

考古学会ニュース

発掘情報
  • 奈良県
  • 古墳時代

富雄丸山古墳が巨大円墳と判明

奈良県奈良市教育委員会による墳丘測量調査で,富雄丸山古墳(同市)が,直径約110m,高さ約14.3mの巨大円墳であったことが明らかになった。今回の調査では,三次元計測により新たに3段目の墳丘が存在することが確認された。これまで国内最大とされてきた丸墓山古墳(埼玉県行田市)を上回る規模となる。同古墳は,4世紀後半の築造と推定されており,石製の刀子や斧を模した副葬品が国の重要文化財に指定されている。大型円墳は,関東地方を中心に存在しており,100m以上の大型円墳は近畿では確認されていなかった。1972(昭和47)年の調査では,直径約86m,2段の墳丘をもつとされていた。続く1982年の調査時には,直径約102mの円墳であることが指摘されており,古墳北東部には,方形の造り出しが存在することが確認されていたが,詳細な調査は行なわれていなかった。

ページトップへ戻る