カテゴリー

会誌新刊案内

考古学会ニュース

地域別

時代別

日付別

最近の記事

考古学会ニュース

発掘情報
  • 長崎県
  • 弥生時代

弥生中期の女性の全身人骨

長崎県佐世保市教育委員会が発掘調査を進めている,宮の本遺跡(同市)から,弥生時代中期頃(約2000年前)の女性とみられる人骨が,ほぼ全身を残存させた状態で検出された。今回は墓域北端部で調査が行なわれ,3基の石棺が検出された。いずれも砂岩製。うち1基から,約150㎝の女性とみられる全身の人骨が検出された。同遺跡は,離島である高島に位置しており,これまでに58基の墓と44体の人骨が確認されている。縄文時代から人が移り住んでいたことがわかっている。

ページトップへ戻る