カテゴリー

会誌新刊案内

考古学会ニュース

地域別

時代別

日付別

最近の記事

考古学会ニュース

発掘情報
  • 山形県
  • 古墳時代

東北最大級の前方後円墳

山形県南陽市教育委員会が調査している長岡南森遺跡(同市)にて,前方後円墳が存在していたことが明らかになった。古墳の全長は推定161~168m,「南森古墳」と仮称される。4世紀後半の築造とみられる。2016年度には,三次元測量機による上空からの計測が行なわれている。前方部と後円部の長さの比率が,ほかの主要な前方後円墳と近似していることから,人工築造物である古墳だと判断された。後円部の一部が左右非対称だが,後世に破壊されたと考えられる。同遺跡はこれまで出土した土器や石器から,縄文~中世にわたる複合遺跡とされてきた。北西には,稲荷森古墳(全長約96m)など,市内には130基以上の古墳群が存在し,当地域における古墳時代の地方権力の存在が指摘される。

ページトップへ戻る