考古学会ニュース

発掘情報
  • 千葉県
  • 縄文時代

加曽利貝塚から縄文晩期の竪穴住居

千葉県千葉市埋蔵文化財調査センターが調査を続けている,加曽利貝塚(同市)から,縄文時代晩期(約3000年前)の竪穴住居が検出された。遺構は南貝塚の東北端,直径6~7mの円形。床面と約80㎝の壁が確認され,中規模の竪穴住居とされる。周辺からは,耳飾り,石剣,ヒトの頭骨,壺型土器が出土している。このほかにも,詳細な発掘はされていないが,同様の特徴をもつ褐色土が4ヵ所確認され,住居跡ではないかと推測されている。同遺跡では,これまでに縄文中~後期の住居跡が数多く検出されている。

ページトップへ戻る