考古学会ニュース

発掘情報
  • 新潟県
  • 弥生時代

弥生時代の大型掘立柱建物

西岩野遺跡(新潟県柏崎市)から,2~3世紀前半(弥生時代後期)の大型掘立柱建物が検出された。同市教育委員会の調査による。遺構内には7ヵ所の柱穴が存在し,直径1~1.5m,深さ70~90㎝。床面積は約40㎡と推定される。棟持柱という,伊勢神宮(三重県)や池上曽根遺跡(大阪府)に頭町的にみられる,棟を独立して支える柱穴も確認された。滋賀県の琵琶湖を中心に,同様の遺構が多数存在している。また,弥生時代の方形周溝墓も検出され,副葬品は勾玉3点,管玉9点,ガラス玉12点が出土している。このほかに,幅約2.7m,深さ約1.2mの環濠なども検出されている。

ページトップへ戻る