考古学会ニュース

発掘情報
  • 愛知県
  • 中世

虎口跡とみられる石垣が検出

愛知県小牧市教育委員会が調査を進めている,小牧山城跡(同市)の主郭西側斜面から,石垣遺構が検出された。これは織田信長が最初に築いた小牧山城の石垣により画された主郭への「虎口」とみられる。幅約6mの登城路両側に,それぞれ長さ約7.4mと1m以上,高さ1.5~1mで残存し,屈曲を繰り返している。小牧山城西側には,曲輪群が展開し,織田信長の住居などがあったとみられている。これまで,2ヵ所の虎口が主郭の東・南斜面から発見されている。南斜面のものは客用の表門とされているが,東斜面のものと今回確認した虎口は通用門のような位置付けであると考えられる。

ページトップへ戻る