季刊考古学web

特別展案内
  • 兵庫県
  • 古代

「三彩の俑たち 唐王朝のたたずまい」展



兵庫県立考古博物館加西分館「古代鏡展示館」にて、「三彩の俑たち 唐王朝のたたずまい」展が開催されています。(3/13まで、水曜休館)
白い素地に多色釉を施した三彩。
色彩豊かな作品は唐の繁栄やシルクロードを介した東西交流を物語ります。
千石コレクションの多くを占める唐鏡とともに、華やかな時代の空気を感じながらご覧ください。
また会期中の2/10(土)、3/10(土)には、兵庫県立考古博物館学芸員が古代鏡の基礎について解説するイベント、考古楽講座「古代鏡の楽しみ方」(全2回)が開催されます。

展示される鏡の一覧ほか、本展に関する詳細は以下のリンク先よりご覧ください。
三彩の俑たち 唐王朝のたたずまい

イベント 考古楽講座「古代鏡の楽しみ方」(全2回)のお申込み方法ほか詳細は以下のリンク先よりご覧ください。
古代鏡展示館 イベント・企画展一覧20180122152642-000120180122152648-0001

ページトップへ戻る