考古学会ニュース

  • 東京都
  • 縄文時代

国史跡が拓く縄文の社会Ⅱ「海と山の1万年~縄文早期の生業と社会~」

明治大学駿河台キャンパス

明治大学黒曜石研究センター・資源利用史研究クラスター共催のシンポジウム
国史跡が拓く縄文の社会Ⅱ「海と山の1万年~縄文早期の生業と社会~」が以下の通り開催されます。
2017年10月29日(日曜日) 9:30受付開始 10:00開演 17:00終了
場所:明治大学駿河台キャンパス・グローバルフロント1F グローバルホール
参加形態:先着順100名(事前の受付予約はしません) 参加費無料・無償配布資料有 一般参加も歓迎します。

プログラムは以下の通りです。
記念講演「晩氷期と完新世初頭の間:オーストリア・チロル地方とその周辺地域の景観と考古学」
D・シェーファー(オーストリア・インスブルック大学教授)
発表1 「縄文早期の生業と社会をどう考えるか」阿部芳郎(明治大学黒耀石研究センター長)
発表2 「栃原岩陰遺跡の調査」藤森英二(北相木村教育委員会)
発表3 「取掛西貝塚の調査」石坂雅樹(船橋市教育委員会)
発表4 「動物遺体からみた海と山の生業」樋泉岳二(明治大学黒耀石研究センター員)
利渉幾多郎(名古屋市立向陽高等学校)
発表5 「動物遺体からみた海と山の生業」佐々木由香(明治大学黒耀石研究センター員)
発表6 「安定同位体を用いた古食性の特質」米田 穣(明治大学黒耀石研究センター員)

お問合せ先:明治大学資源利用史研究クラスター 03-3296-1873

ページトップへ戻る