考古学会ニュース

  • 長野県
  • 近世

国史跡指定記念「信州諏訪から大名墓を考える」—第9回大名墓研究会―

諏訪市博物館

国史跡指定記念「信州諏訪から大名墓を考える-第9回大名墓研究会-」

平成29年2月9日に国の史跡指定を受けた、高島藩主諏訪家墓所。
諏訪市博物館では、企画展「高島藩主と菩提寺」を開催し、この墓所に祀られる歴代の高島藩主たちの一生、その人となりを紹介しています。(10月29日まで)
この企画展最終日の10月29日、諏訪市博物館エントランスホールにて、近世大名墓研究の第一人者である坂誥秀一先生の記念講演「近世大名家墓所の保全と活用-『高島藩主諏訪家墓所』の特徴-」と、近世大名墓を考古学の視点から研究している大名墓研究会の第9回研究会が開催されます。近世の大名墓とは何か、専門家による研究成果に触れながら、いっしょに考えてみませんか?
近世大名墓の魅力や歴史的な価値を知ることができる、またとない機会です。企画展とあわせ、ぜひ足をお運びください。

   日 時 10月29日(日)9:00(受付)~16:20(終了)
   会 場 諏訪市博物館エントランスホール
   参加費 500円(資料代)※展示観覧の場合は要入館料
   定 員 100名(先着、要事前申込み)
   主 催 大名墓研究会、諏訪市教育委員会、茅野市教育委員会
   申込み方法 10月2日(月)から10月27日(金)まで電話にて受付(日曜・祝日を除く、午前9時~午後5時)
   お問い合わせ・お申込み先 諏訪市教育委員会生涯学習課文化財係 0266-52-4141内線582

   内容(予定)
   記念講演「近世大名家墓所の保全と活用-『高島藩主諏訪家墓所』の特徴-」坂誥秀一氏(立正大学)
   特別報告「国史跡 高島藩主諏訪家墓所について」 諏訪市教育委員会
   事例発表「関東・東北の儒教と近世大名墓」関口慶久氏(水戸市教育委員会)
   事例発表「北陸・東海の儒教と近世大名墓」松井一明氏(大名墓研究会)
   事例発表「中・四国の儒教と近世大名墓」乗岡実氏(岡山市教育委員会)
   基調報告「中・韓国の儒教墓が近世大名墓に与えた影響」松原典明氏(石造文化財調査研究所)
   討  論「儒教と近世大名墓」(進行)中井均氏(大名墓研究会)、溝口彰啓氏(大名墓研究会)
   ※途中、休憩(昼食)あります。また、演題は予告なく変更することがあります。

ページトップへ戻る