季刊考古学web

特別展案内
  • 三重県

夏季企画展「なるほど!発見!斎宮!―斎宮で自由研究 平安ファッション編―」



斎宮歴史博物館(三重県多気郡明和町竹川503)特別展示室にて、7月22日より夏季特別展「なるほど!発見!斎宮!―斎宮で自由研究 平安ファッション編―」が開催されます。(8月31日まで、観覧料無料)
今年の夏休みの自由研究は、斎宮歴史博物館ですませちゃおう!十二単っていうけど、本当に12枚も着物を着てたの?暑くなかったのかな?男の人たちはどんな服装だったの?おしゃれってどうしてたの?などなど、平安時代のファッションについての展覧会です!
主な展示資料は、女房装束(十二単)・女房三十六歌仙図屏風・男性装束(直衣)・装束図巻・檜扇・冠など。

また、常設展展示室Ⅱ 速報展示コーナーでは 発掘調査速報展「古代伊勢道沿いを掘る~斎宮・広頭(ひろこべ)地区の調査~」が開催されています。(12月10日まで)
平成28年度に実施した発掘調査のうち、平安時代の終わり頃、斎宮に勤務した役人が住んでいたと考えられる場所で出土した緑釉陶器(りょくゆうとうき)などの土器のほか、過去に出土した特徴的な土器もあわせて紹介します。

ページトップへ戻る