考古学会ニュース

  • 東京都
  • 古代

古代出雲文化シンポジウム「日本海交流と古代出雲」

有楽町朝日ホール

8/6(日)東京:有楽町朝日ホールにて「日本海交流と古代出雲」が開催されます。
古代の東アジアの国際的な交通で大きな役割を果たした日本海。
その日本海の西端にあたり、日本列島の窓口の一つとして重要な位置を占めた出雲。
古代の東アジア海域世界というグローバルな視点から、出雲の特質に迫ります。
日時:2017年8月6日(日)14:00開会、17:30閉会予定(13:00開場)

会場:有楽町朝日ホール(東京・有楽町、定員700人)
料金:入場無料(事前応募制)

シンポジウム内容:
〔基調講演〕
1.日本海交流と古代出雲
平川南(人間文化研究機構理事)
〔報告〕
1.魏志倭人伝と出雲
池淵俊一(島根県埋蔵文化財調査センター管理課長)
2.古代出雲と朝鮮半島
亀田修一(岡山理科大学生物地球学部教授)
3.躍動する海商平安時代の日本海交通
田中史生(関東学院大学経済学部教授、第4回古代歴史文化賞大賞受賞者)
〔パネルディスカッション「交通・交易がはぐくんだ古代出雲」〕
平川南、田中史生、亀田修一、池淵俊一
司会草野満代(フリーアナウンサー)

応募方法ほか詳細は下記リンクよりご確認ください。
島根県 H29古代出雲文化シンポジウム

ページトップへ戻る