考古学会ニュース

  • 東京都
  • その他

シンポジウム「長江流域における文明形成―考古学と関連科学の最前線―」

◆総合稲作文明学シンポジウム「長江流域における文明形成―考古学と関連科学の最前線ー」が開催されます。
日 時 : 2017年3月18日(土) 13:00~17:00
会 場 : 東京大学浅野キャンパス武田先端知ビル5F 武田ホール

平成27年度に採択された文部科学省科学研究費補助金新学術領域研究(研究領域提案型)「稲作と中国文明―総合稲作文明学の新構築―」で成果を挙げつつある研究を紹介いたします。参加者の皆様からのご意見を伺えればと考えております。また、中国からも2名の研究者を招聘し、本研究課題と関連する最新の研究動向をお話しいただきます。

プログラム :

12:30 会場 
13:00 開会挨拶
13:05 「総合稲作文明学が目指すもの」 中村慎一(金沢大学)
13:30  「長江下流域の新石器時代における古環境と農耕の諸段階」 金原正明(奈良教育大学) 
14:15  「石家河囲壁と玉器の研究」 方勤(湖北省文物考古研究所)
休憩
15:15 「長江を越えた良渚文化 ‒江蘇興化東台蒋荘遺跡の考古発見と研究‒」 林留根(南京博物院考古研究所)
16:10 「長江下流域における新石器時代の生活と社会 ‒化学分析による最新成果‒」 米田穣(東京大学)・覚張隆史(金沢大学)・板橋悠(東京大学)
16:55 閉会挨拶
※入場無料、通訳有
詳細は以下のリンクよりご確認ください。
総合稲作文明学 イベント

ページトップへ戻る