カテゴリー

会誌新刊案内

考古学会ニュース

地域別

時代別

日付別

最近の記事

考古学会ニュース

発掘情報
  • 愛媛県
  • 縄文時代

国内最古の畑跡発見

愛媛大学埋蔵文化財調査室が発掘調査を進めている文京遺跡(愛媛県松山市文京町)から,縄文時代晩期末~弥生時代初期の刻目凸帯文土器段階(紀元前700~前500年)の畑跡が発見された。畑跡は南北約6~7mで,東西の長さは不明ではあるものの小規模なものに留まるという。木製鋤で繰り返し耕した痕跡があり,長期間の浅い湛水に伴って生じる泥層が見られないことから,畑跡とみられる。畝は立てられておらず,作物は判明していない。同遺跡は,同大学城北キャンパス内に位置する縄文時代~中世の複合遺跡で,弥生時代中期末~後期前葉の大規模集落であったことが知られている。

ページトップへ戻る