考古学会ニュース

発掘情報
  • 長野県
  • 古代

平安時代前期の香具

長野県埋蔵文化財センターが発掘調査を進めている小島・柳原遺跡群(同県長野市柳原)から,平安時代前期(9世紀頃)とみられる香具「銅製塔鋺形合子」の蓋部が出土した。先端部が相輪形式の蓋部は直径約8㎝,高さ約6㎝を測り,平安時代の住居跡(6m四方)から出土した。このほか,中世の銭や石製五輪塔なども出土した。

ページトップへ戻る