考古学会ニュース

発掘情報
  • 長野県
  • 縄文時代

縄文時代早期の狩猟具

長野県松本市教育委員会が発掘調査を進めている岡田田中遺跡(同市岡田)から,縄文時代早期(約10,000~7,000年前)とみられる黒曜石製の鍬形石鏃が出土した。石鏃は幅約1.9㎝,長さ約1.8㎝,厚さ約2㎜を測る。そのほか,黒曜石の剥片数点も出土したが,遺構は検出されていない。平安時代の灰釉陶器片,中世の青磁陽刻双魚文四片も出土した。

ページトップへ戻る