考古学会ニュース

発掘情報
  • 京都府
  • 古代

奈良・平安時代の窯発見

京都府亀岡市教育委員会が発掘調査を進めている篠窯業生産遺跡群(同市篠町)の騎馬ヶ谷窯跡から,奈良・平安時代の窯跡2基が検出された。2基のうち1基(7号窯)は奥行き約2.6m,最大幅1.7m,高さ約1mで,平地に盛り土を施した小型三角窯であることが確認され,10世紀初期に使用されたものと考えられる。なお,製品は持ち出されたものの,焚口が粘土で塞がれた状態で発見された。もう1基(4号窯)は奥行き約7.3m,最大幅1.7mで,丘の斜面をトンネル状に掘った穴窯であることが確認され,8世紀末から9世紀頃にかけて使用されたと考えられる。窯体や焚口が鮮明な状態で検出されたため,同時代の窯の構造を知る手がかりとなる。また,灰原からは大量の陶器破片が出土し,一部緑釉陶器も発見された。

ページトップへ戻る