考古学会ニュース

発掘情報
  • 京都府
  • 古墳時代

井ノ内車塚古墳から横穴式石室

京都府長岡京市教育委員会が発掘調査を進めている国指定史跡乙訓古墳群を構成する井ノ内車塚古墳(同市井ノ内向井芝)から,横穴式石室が検出された。石室の石はほとんどが抜き取られていたが,玄室の奥壁と東側壁の一部が確認された。石室は,玄室が長さ約4m,幅約2m,高さ約1.6mとみられる。羨道が玄室の右側に偏っていたものと考えられ,右片袖式石室と推定される。そのほか,副葬品とみられるガラス製管玉や土器などが出土した。同古墳は6世紀前半に築造された全長約39mの前方後円墳で,乙訓地域の首長墓と推定されている。

ページトップへ戻る