考古学会ニュース

発掘情報
  • 岡山県
  • 古墳時代

造山古墳端部の葺石出土

岡山市教育委員会が発掘調査を進めている国指定史跡造山古墳(同市北区新庄下)の前方部南側と西側の試掘溝2ヵ所から,葺石が出土した。直径20?50㎝の花崗岩の角礫が斜面に沿って隙間なく並べられ,外側は直線状にそろっており,前方部の墳端とみられる。葺石の外端は現在の墳丘より外側にあり,築造当時の前方部はさらに数m大きかった可能性がある。そのほか,周囲からは円筒埴輪の破片が出土した。造山古墳は5世紀前半に築造された全長約350mに及ぶ前方後円墳で,国内では4番目の規模を誇ることで知られている。

ページトップへ戻る