考古学会ニュース

  • 東京都
  • その他

第42回東京都遺跡調査・研究発表会

小金井 宮地楽器ホール 大ホール

近年の東京都内で発掘調査され、注目を集めた旧石器時代から江戸時代までの7区市8遺跡について報告します。
公開講演では、多摩地域と小金井市の考古学のこれまでの成果に迫ります。
小金井市の報告では、数少ない中世(鎌倉時代から戦国時代まで)に関連する事柄や発掘調査の出土資料をまとめ、そのうえで中世における小金井地域の様相について紹介します。
内容は小金井市中世遺跡、府中市武蔵台遺跡、八王子市日向四谷遺跡、北区南橋遺跡、日野市平山遺跡、板橋区舟渡遺跡、新宿区新小川町遺跡・市谷本村町遺跡、公開講演「多摩の考古学123年と小金井」13:00~、講師:坂詰秀一(立正大学名誉教授)。

日時
平成29年2月19日(日曜)午前10時から午後4時まで
午前9時半開場

会場
小金井 宮地楽器ホール 大ホール

入場
自由、無料(申込み不要)
来場者には発表要旨(無料)が配布されます。

お問合わせは
東京都教育庁地域教育支援部管理課
埋蔵文化財担当
電話:03-5320-6863(直通)

詳細は以下のリンクよりご覧ください。
【小金井市「第42回東京都遺跡調査・研究発表会】

ページトップへ戻る